クローゼットの活用方法を知ろう!

クローゼットという収納のためのスペースがあるのに、うまく整理できず、押し込んだように雑然としてしまっている……、こんな悩みを持っている人は多いと思います。クローゼットはもちろん収納のためのスペースですが、様々な用途に対応できるように、間仕切りなどはあまりなく、自分で使い方を工夫しないと、単なる四角いスペースでしかありません。

クローゼットをうまく使いこなすには、いくつかのポイントを理解しておくと良いでしょう。無計画に端からどんどん荷物を詰めていくと、すぐにスペースが足りなくなってしまいます。

このようなことになってしまわないよう、今回は、クローゼットを有効活用するためのポイントを見ていきましょう。

 

  • 空間を配分する

クローゼットに収納したい物品の中にも使用する頻度や保管しておきたい時期の長さなど様々な違いがあると思います。こうした特徴を踏まえた上で、どのようなものをどこに配置するか、ということが重要になってきます。

たまにしか着ることのないスーツや礼服、冠婚葬祭のための衣装などは、すぐに取り出せるところに配置する必要なく、しかしどこにしまったかを覚えていないとイベントのたびに大騒ぎになってしまいます。箱にしまった上でラベルなどで内容を明記して、必要なタイミングですぐ出せるようにしましょう。

日々使いで着用するような衣服、毎日身につける下着や靴下などはクローゼットを開いてすぐの場所に保管するのが良いでしょう。

機能や着用で分別して、おくべき場所を決めておきましょう。

 

  • ボックスを置いて空間を区切る

内部に区分けのないクローゼットの床にものを置いてしまうと、その上の空間はデッドスペースになってしまいます。そのような場合は、ボックスを置いて空間を二段構造に区切って、活用できるスペースを増やし、空いてはいるが物が置けない、というようなデッドスペースが発生しないように工夫すると効率的です。

上からコートなど上着を吊り下げる場合にも、その下のスペースを有効活用するために、何段かのボックスを設置すると良いでしょう。

 

  • 衣服のサイズを揃える

クローゼットを開けた時に、雑然とした印象を与えるか、整然としていると感じるかの違いはなんでしょうか。

洋服の種類とサイズが綺麗にまとまっていると、きれいなクローゼットという印象を生み出すことができます。

上部から上着類を吊るす場合、シャツ、長袖シャツ、Tシャツ、トレーナー、パーカー、ジャケット、コート、というように種類ごとにまとめて並べるようにして見ましょう。形が似ている上、サイズも同じ種類でそう異なることはあまりありません。下に生まれるスペースも長さを揃えてあれば横幅が長く確保でき、収納できるものの可能性がひろがります。そこに合わせて先述したようにボックスを配置すれば、無駄なスペースはほとんど生じないものと思われます。

今回は、クローゼット空間の有効活用のいくつかのポイントを紹介してきました。

当然クローゼットの間取りや大きさはまちまちですので、これらの方法が適用できるか検討して、空間を無駄なくフル活用してください。