便利なトランクルーム

収納スペースが既に埋まっているからといって、残りの財を全て捨てるわけにもいかないだろう。思い出が詰まったものや今後新たに入手することのできないもの、学業や仕事の成果等は、所有物というよりは、その人のアイデンティティに直属するものだからだ。ではどのようにして残せばよいのか。今の時代は一部を電子化して残すことも可能だが、ありのまま保存したいことも多いだろう。そこで、スペースそのものを貸してくれるサービスが存在するというわけだが、それがトランクルーム貸し出しサービスだ。

ところで似たサービスとして「レンタルペース」を思い浮かべる人もいるかもしれない。実はこの2つのサービスは似て非なるものなので注意されたい。トランクルームは倉庫、レンタルスペースは部屋に該当する。従って、前者は倉庫業者が運営し、倉庫業法に則ったサービスが展開されるのに対し、後者は不動産業者が客と賃貸契約を結んで貸し出しているのが実態である。

これだけでは両サービスの使い勝手の違いをイメージし辛いかもしれないので、以下具体例を挙げることにしよう。倉庫業法には、業者が預かった荷物が破損した場合、業者が一定額を保証しなければならない、と定められている。故に、業者の防犯意識は高く、倉庫のセキュリティ保持には余念がない。その反面、客が荷物を出し入れする際はセキュリティ・チェックが何重にも施されるため、煩雑さを嫌う人には不向きのサービスかもしれない。

一方、レンタルスペースはトランクルームに比べて防犯設備が充実しているとは言い難いが、それほど高価な荷物でなければ十分ニーズに応えてくれるサービスだ。中には、一日に何度も出し入れするのだからと、迷わずレンタルスペースを選ぶ人もいるだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>